介護サービス

いこいの家ご案内

小規模多機能居宅介護について

小規模多機能型とは

要介護者の希望の「思い」や「願い」に応じて、通い、訪問、宿泊を組み合わせて、介護その他の日常生活上必要な支援を提供する サービスです。


小規模多機能型のメリット

  • 「通い」のサービスを中心に、ご希望やご様態に応じて、「訪問」、「宿泊」のサービスを組み合わせ、在宅での暮らしに必要な支援を 受けることができます。
  • 困ったときには柔軟な対応が可能であり、ご家族の負担の軽減をサポートします。
  • 契約する事業者が一つなので、連絡などの手間が少なく、いざという時にも対応が早く安心です。
  • 住み慣れた地域(環境)、顔なじみの人々(地域、利用者、スタッフ)の中で交流がはかりやすい。


小規模多機能型居宅介護の注意事項

まず、小規模多機能型居宅介護を利用する場合、次の介護保険サービスを利用できなくなります。

  • 居宅介護支援(ケアマネジャー)
  • 訪問介護
  • 訪問入浴介護
  • 通所介護(デイサービス)
  • 通所リハビリテーション(デイケア)
  • ショートステイ(短期入所生活介護/短期入所療養介護)


対象者

対象者

要支援1・要支援2
要介護1・2・3・4・5


費用の目安

要支援の場合

  • 要支援1……34,030円/月(自己負担額:3,403円/月)
  • 要支援2……68,770円/月(自己負担額:6,877円/月)

※食事代、おむつ代、宿泊の際の部屋代や光熱費などは別途必要。


要介護の場合

  • 要介護1……103,200円/月(自己負担額:10,320円/月)
  • 要介護2……151,670円/月(自己負担額:15,167円/月)
  • 要介護3……220,620円/月(自己負担額:22,062円/月)
  • 要介護4……243,500円/月(自己負担額:24,350円/月)
  • 要介護5……268,490円/月(自己負担額:26,849円/月)

※食事代、おむつ代、宿泊の際の部屋代や光熱費などは別途必要。


いこいの家ご案内

求人のご案内
外来診療時間のご案内
入院面会のご案内
救急窓口のご案内

佐用郡医師会

禁煙のお願い
携帯電話のご利用について